2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆

跡取りではないのに、母の位牌を守ってもう直ぐ一年・・
今年は初めてのお盆・・

中学から親元離れて私立に通っていた関係で親との一緒に暮らしたのは短かったけど、
小さな頃見た事を見よう見真似でやってみた。
キュウリで馬を作り、ナスで牛を作りお経は尚ちゃんにあげてもらった。

私の誕生日は母方の父の命日・・
「この子は将来仏の世話をする」とか「仏の道に入る事になる。」とか言われ、
その通り母の位牌を守る事になった。
そして、私の産んだ二人の娘は二人共春と秋のお彼岸生まれ・・
やっぱり仏に縁があるんだろうな・・

ご先祖様がいたからこそ、今の私達がいる訳だから、
ちゃんと感謝の気持ちをもって供養して、
その事を、子供達にもしっかり教えて行かないいけないよね・・
私もそんな事を考えないといけない歳になったのね・・

110813_143021.jpg

今日から7月・・

今日は7月1日・・
早いもので、今年も既に一年の半分が過ぎてしまいましたね。

あの大震災からも、もう直ぐ4ヶ月・・

大地震、大津波、原発大規模事故と想像を絶する大災害・・・

あの日あの時まで、それぞれの人がそれぞれの日常の暮らしをしていました。
それが、一瞬で崩れ去ってしまった方々・・

あまりにも
心が締め付けられる現実の悲惨さに、震災後多くの人々が、
「日本がこんな大変な時に、こんな事をしてて良いのか?」と思ったと言います。

私の周りでも・・そして私もそうでした。
でも、幸いにして被害を免れた人達には、被災地の地の為に・・被災者の人達の為に・・
自分に出来る事を精一杯頑張らなくてはいけない・・・
その為には私達は被災者の方の心情を思いつつも、元気でいなくてはいけませんね。
健康で・・元気でいないと被災者の方の力になる事すら出来ませんからね・・

そして、大変な状況におかれて、やっと気付く事が多々ありました。
当たり前の毎日を送れる事の尊さ・・
そして、不平不満を言いながらも、
家族が毎日一つ屋根の下で繰り返す積み重ねの日々が、どんなに大切な事なのか・・と・・
本当にいろいろ考えさせられる毎日でした。

そして、今日から東京電力と東北電力の管内で、
大口電力ユーザーに15%の節電を義務付ける「使用制限」を発動されます。
オイルショックのあおりを受けた1974年以来37年ぶりらしいです。
尚ちゃんの会社でも、もう既に横浜市の連携による節電対策を開始し、
先月から、停電対策の為に就業時間の短縮が始まっており、
通常より早く仕事を切り上げ帰宅する日々が続いてます。
企業の利益を考えるよりは、今のこの時期はこういうに力を入れる事が何より大事ですよね。
それは、個人でも同じ・・
私も先月は、家計を少しうまくやり繰り出来たので,
今月は又少しまとまったお金を義援金として寄付出来そうです。

今月も、自分に出来る事を個人個人でそれぞれ頑張りたいものですね!!

尚ちゃんの企業グループで一部負担して、東北の方の為に社員に呼び掛けて色々やってます。
私も、東北の特産品を購入させて頂きました。
110623_120531_ed.jpg

便利な世の中故に・・

110604_162544_ed.jpg


給湯器が壊れて、約3ヶ月・・
先日、6月4日の日にやっと給湯器の交換が終った。

普段、当たり前に使ってた給湯器だけど、無くなると、その便利さをつくづく思い知った。
給湯器があれば、お風呂を洗っても自動お湯張りしてくれ、
お風呂に入った時も、シャワーが使えるから、そんなに目に見えてお湯の減りもない。
だけど、これが給湯器がないとなれば、
お風呂を洗った後に自分で時間を見て水位を確かめ、
お風呂に入った後も、体や髪の毛を洗った後に、次の人の為に水を足し、お風呂が温まるまで次の人は入れない。
被災者の人の事を思えば、こんな事何って事もない事だけど、
全てにおいて、今まで掛からなかった時間が無駄に掛かった。
でもね、考えてみれば昔の人は、こういう事を特に負担とも感じず当たり前にやって来てた事なんだよね!?
世の中が便利になったが為に、何かあった時に返って不便を感じてしまう。

世の中が便利になったと言えば、携帯電話やパソコン・・
今や、携帯電話やパソコンがあるが為に、色んな情報が飛び交い、
時には人を傷つけ、時には人間をダメにしてしまう。

最近、特に胸が痛んだ事件・・
娘さんを悲惨な事故で亡くされた50代のご夫婦・・・
娘さんは学生時代スポーツ選手として活躍なされ、
お父様のブログからは親に取って自慢の娘であった事、
子供に愛情を持って育てて来たという事がとても良く伺える。
だけど、娘さんが亡くなった後、ネットを通して知らされた親の知らない娘さんの私生活・・
そのお父様は、その悲しい事実もしっかり受け止めた上で、今は亡き娘さんの思いを綴ってる。
それが、世間では返って非難の元になってるようで、私は非難してる人に無性に腹が立ってならない。

私も母を悲惨な事故で亡くしたから、このお父様の気持ちは良く分かる。
病気で亡くなった場合と違って、
不意の事故となると何の心の準備も出来てないので亡くなるのでは気持ち的に違うものがあると思う。
生きてればこそ、言いたい事も・・言う事も出来る事でも、
もう、亡くなってしまった今は、その故人を・・故人の生き様を受け入れてあげるしかないんだよね。
その思いすら非難されるってどういう事・・?
誰に迷惑を掛けてる訳でもなく、誰を傷つけてる訳でもないんだから、
非難なんかしないで、思う存分娘さんへの思いを綴らせてあげて欲しい・・

そのお父様のブログの中の一言・・


親として、
『大人になった長女の生き方を見守っていく』というのは、

体裁のいい言い方ですが、

父親の責任を放棄したことだったと思います。


何処の親だって、子供に心配の種があれば放ってなんかおかない!!
学生時代は健全にスポーツで汗を流し、それなりの結果も出して無事大学も卒業して、
成人した子供だったので、子供を信じよう!!見守ろう!!という親心・・
子供に心配の種が見えなければ、普通の親なら誰でもそうだと思う。
父親の責任・・親の責任を放棄したなんて事はないよ・・
だから、このお父さんはこれ以上自分を責めないで欲しい!!
そして、周りの非難の声なんか気にしないで、
自分の思うように、感じるように・・これからも娘さんへの思いを綴って行って欲しいと思います。
どうか・・周りの声に負けないで、これから頑張って欲しいと思います。

最後に・・Mさんのご冥福を心よりお祈り致します・・








母の日・・・母と子の絆

先日、5月8日は母の日・・・
亡き母には先日アップした薔薇のブリザードフラワーの置物・・
そして、今年も母の妹にあたる叔母には薔薇の鉢植えを・・・
母が生前、「母の日には叔母にも花を贈りなさい!!」と言ってから今年で8回目・・・
母の死後・・・母の残した遺産の事で揉め、去年、今年とどうしようか悩んだけど、
やっぱり・・母との約束だったから今年も贈ったんだけど、これで良かったのかな・・?

生前は口煩くて鬱陶しいと思った母だけど、
母から教えてもらった事は生きて行く上で、とっても大事な事だったと最近は感謝出来るようになったよ。
生前は口に出さなくても、甘えや優しさばかり求めて止まなかった私だけど、
それ以上に生きて行く上で最も大事な事を教えてもらったんだと最近は思えるようになったの。

レイチェル、友香と二人の子供を育てて来た中で、何度も子育てに行き詰まり自信を無くした事もあったけど、
母が良く「出来ないんじゃない!!やるしかないんだよ!!」その言葉を支えに頑張って来れたから、
こんな私を子供達は「自分が親になったらママみたいな親になるんだ!!」と理想の母親と言ってくれる。

そして、ずっと我がままで手に負えなかった上の子レイチェルは、
「子供が親に甘えるのは当たり前だと思ってたけど、最近色んな親がいるんだなぁと分かったよ・・・
どんな我がままもママは受け止めてくれたから、私は自分のペースで大人になれたんだよ。
最近特に自分は幸せだったんだなぁと思う。ありがとう!!これからは今までの分まで親孝行するね!!」って言ってくれた。
苦手な子育てや家事も分からないなりに、頑張ってやって来た事を子供達はずっと見ててくれたんだよね。
親としてこんな嬉しい事はないよ。ありがとう!!
その言葉の通り、あの地震の日・・・
自分の勤務先の上司に言って、
「ママが一人でいて心配だから迎えに行って良い?」と許可をもらい危ない中を迎えに来ようとしてくれた。
だけど、「沢山のワンコ達を置いて自分だけ避難する訳にはいかないよ。」と言うと、
停電で信号機も街灯も消えて真っ黒闇の中バイクで来てくれたよね。
あの行動で、普段憎まれ口しかきかないレイチェルの本当の気持ちが分かったよ。
レイチェル、友香・・・
こんな私を慕ってくれて・・・そして私の元に生まれて来てくれてありがとう!!

そして、今年も母の日に素敵なプレゼントを頂きました。

ハワイDFS限定のレスポのバッグ
私、気軽に出掛ける時用の斜め掛けバッグはヴィトンとかしか持ってなくて、
BBQとか野外ライブに行く時も、いつもヴィトンのバッグを持ってたの。
自分でも合わないなぁと思ってたんだけど、中々気に入るのがなくてね・・
そしたら、レイチェルが先日、、ハワイに行った時に見つけて来てくれて、
「レスポって可愛いのは年齢的に違和感があるし、年齢考えて選ぶと地味なものばかりで、
「う~ん・・」って感じなんだけど、これならママに合いそうだと思って!!」って言ってプレゼントしてくれたの。
「ありがとう!!大事に使わせてもらうね!!」

110215_140803_ed.jpg

そして、尚ちゃんからは「何が欲しい?」って聞かれたけど、
私、改めて聞かれると、あんまり欲しいものもなくて・・・
そしたら、私の好きな「鳥忠」のモモ揚げを買って来てくれたよ♪
ここの揚げ物って「カラッ!」と揚がっててしつこくなくて、私、大好きなの♪
だから、我が家はクリスマスも此処のモモ揚げなのよ♪

110508_182520.jpg

110508_183335_ed.jpg

こうして・・今年も家族に感謝し、嬉しい母の日を迎える事が出来ました。
そして・・嬉しい事に未だ未だ母の日は続くらしいです!!

被災地へ・・・

もうすぐGWが始まる・・・

今年は例年と違ってウキウキした気分でGWを迎える気持ちにはなれないけど、
こんな時こそ、みんなで自粛モードにならずに何処かに出掛けたりするのも、
経済に潤いを与えるという意味で大事な事かも知れませんね。

このGWを迎える前に、実は私には重大な決断が必要で・・・
勿論、私が決断をする前に友香の決断が必要で、
友香の決断次第で私は友香の背中を押してあげなくてはいけない。

友香の彼氏は自営で建築業をやってる。
「男は仕事が1番!!」という考えで、何よりも仕事を優先している。
普段でも、忙しくて二人には中々会う時間もない中で、
3月11日の大震災もあり、久しぶりに会ったのは、何と!?3ヶ月振り・・
でも、それに対しての友香の不満もなく、返って良い意味で刺激になり、
自分もやる事(学業)をしっかりやらなくてはいけないという自覚が芽生えて来ている。
やっぱり・・夫婦でもそうだけど、お互いが成長し合える関係って、とても大事だと思う。

そんな彼氏が震災後、荒れ果てたガレキの街を見て心を痛め、
「建築家の一人として、自分に出来る事をしたい!!」とボランティア志願をし、
友香はそれに着いて行くかどうか検討中・・
勿論、友香には「遊びに行くのと違って、とても大変な事でしっかりしないと返って足手まといになるんだよ!」とは伝えてある。
親の私としては、まだ地震や余震も続く中行かせる事も不安だし、
映像で見る現場と実際自分の目で見る現場での違いに、友香の精神面も心配だけど、
折角、子供が善意の気持ちで行動しようとしてるのを止める事は出来ない・・・

友香がもし、被災地へ行く事を選んだとしても・・
私は本当は心配でいっぱいだけど・・
それも、友香の成長の一つ・・善意の気持ちの現れとして捉え背中を押してあげなくてはいけないね・・


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

やすらぎの癒し系名言


presented by 地球の名言

プロフィール

みく

Author:みく
はじめまして!
MLダックスと海外旅行が大好きな主婦です。
画像は私のHNにもなってるシェーデッドクリームの未来(みく)です。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (8)
日記 (115)
思ったままに・・ (39)
ワンコとの日々 (16)
ハンドメイド (11)
家族の事 (38)
お出掛け (23)
お勧め商品 (7)
プレゼント お土産 (45)
映画 DVD鑑賞 (11)
手抜きクッキング (7)
好きなもの (1)
お花 寄せ植え  (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆ 

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。