2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また・・一頭虹の橋を渡りました。

4afbb968d847b20040106_1101_000.jpg101122_145441.jpg



11月22日・・・
英国外産JKCtチャンピオン直子 ブラッククリームのアーサーが亡くなりました。
2002年6月8日生まれ・・
8歳5ヶ月でした。

毎年行っている健康診断の時の聴診で、
少し雑音がすると言われたのが、昨年の春の事でした。
今までは、そのような事がなかったので、
獣医さんに「それは年齢的なものから来るものでしょうか?」と尋ねたところ、
「ずっと、アーサー君を診て来てるけど、雑音は今回初めてだから年齢から来るものでしょうね。」と言われ、
「これからは余り無理をさせないように、ゆっくり過ごさせてあげて下さい。」との事でした。
それからはあまり無理をさせないように、
食事管理や温度管理等にも気を配り、
若く活発な子とは別に行動させたり私なりに気を付けて来たつもりですが、
22日の日は朝から雨が降っており、とても寒い一日でした。
その寒さにより、どうやら心臓発作を起こしたようです。
見えないところで少しずつ機能の衰えは進んでいたのでしょう・・

亡くなる一時間前に急に犬部屋の犬達が吠え出し、
私は犬部屋に行き、全部の犬達を確認し、おやつのガムを与えました。
その時にはアーサーだけはガムを受け取らず、
でも、他に何も変わった事はなく、
普通に立って私の傍に来て尻尾を振って私の手を舐めました。
それから、一時間後に行った時にはもう既に息耐えていました。
旅立つ前に、最後に私に会えるように他の犬達が呼んでくれたのかな・・


アーサーは我が家では初めて迎えた男の子でした。
最初、シェーデッド・クリームの未来のお婿さんとして迎えたのですが、
ブリーディングの知識が増す毎に、健全性を危惧し結局このカップルでの交配は考え直しました。
それでも、未来とアーサーは相思相愛でいつも仲良く寄り添っていました。
そんな姿を見て友人達は「きっと良い子が生まれるよ!!」と交配を進めてくれましたが、
やはり、一つの命を生み出す事には慎重になり責任を持つのが,
愛犬家としても、ブリーダーとしても最低限のモラル・・
そう思って、何度も迷いながらも最終的に諦めました。

アーサーは今まで怒った所は一回も見た事がないような温和な本当に心の優しい子でした。
そんなアーサーだから、
どの男の子もアーサーには一目置き決して逆らわず生涯男の子の中でボスで居続けました。

日が経つに連れ悲しみも深くなって来て・・
いつも、聞き分けの良いアーサーだから、
手の掛かる子達を優先し我慢させる事が多かった事を今は後悔してます。
アーサーは私達が一日家を留守にするだけでも、
心細く、決して他人の与えた餌は食べない程私達を慕っていたのにね。
我慢ばかりさせてしまったね・・
もっと・・もっと甘えさせてあげれば良かった・・
アーサーごめんね・・
スポンサーサイト

● COMMENT ●

アーサーくんは、みくさんちのわんこさんたちのリーダーとして、立派に生涯を果たしたと思います。
本当に性格の良い子だったのですね。

これからはお空からみくさん一家を見守ってくれる事でしょう。
アーサーくんのご冥福をお祈り致します。

りりまりママさん
アーサーは本当に性格の良い子でした。
どのワンコにも優しくて誰かが虐められてると、
必ず止めに入って助ける強さも持ってる子でした。
だから、体が弱って来ても世代交代する事もなく、
みんな最後までアーサーをボスとして立ててくれたんだと思います。

今頃は4月に亡くなったチビと虹の橋で仲良く遊んでくれてるかな・・

No title

こんにちは、みくさん。
アーサー君は8歳でお空に逝ってしまったのね。
命のろうそくはそれぞれで仕方のないことだけど、やはり悲しいし寂しいね。
それでも意識して気持ちを落ち着かせようと前向きになってえらいよ。
とても大好きで思い出もいいことばかりでその分悲しみは深いと思うけど・・・
あまり自分を追い込んでも悲しみは断ち切っていかないとね。
チビちゃんはアーサー君と仲良くじゃれあっているよ。
アーサー君は優しいから、きっとチビちゃんのパパのようにお世話しているよ。

No title

ゆまるさん こんにちは。

アーサーが旅立った事はとても悲しいけど、
それでも、アーサーの心臓の事を前から分かっていたから、少しは心の準備が出来てたかも知れない。
心の準備が少しでも出来てると大分違うからね。

アーサーは本当優しい子で子犬が産まれると子犬の産箱の前でいつも座って番犬をするような子だったの。
きっと、今頃はチビと再会して落ち着きのないチビを一生懸命世話してると思います。

No title

更新がなかったので心配していました。

私も去年の5月、我が家で初めて迎えたブラックタンのティファニーを事故でなくしました。
脱走し、道路の向こう側に渡り、そして我が家に戻ってくる時にひき逃げに合いました。
脱走できてしまうような環境を作った自分を責めました。
もっともっと甘えさせてあげていたら・・・他にも色々後悔しました。
後悔ばかりだったと思います。
いまだにあの車にぶつかった時の鈍い音が脳裏から離れません。

あれからしばらく泣きました。
泣いて泣いて暮らしました。
父が亡くなった時以来、あんなにおいおい泣きました。

ティファニーが事故にあったのは早朝でした。
泣きじゃくる私を見て学校へ登校した息子は学校でも様子がおかしかったらしく、
泣きながら担任の先生に話をしたそうです。
そして昼休みに先生から電話がありました。
とてもショックを受けていると・・・。

こんなに小さな子でも相当ショックをうけます。
大人ならなおさらですよね・・・。
家族ですもの・・・。
ワンコたちはすごいですよね・・・。
きちんと知らせてくれたんですもの・・・。

No title

nonちゃん こんにちは。
心配させちゃってごめんなさい・・・
でも、ありがとう!!

何か・・日を追う毎に「あぁ~もうアーサーはいないんだ・・」と思うと悲しくなってしまってね。
でも、いつまでも悲しんでると、アーサーも行く所に行けなくなっちゃうよね。

今年は一月から悲しい事ばかりで、
これも、もしかして厄年のせい?
娘の厄年が始まったこの3年間思い返せば、
旦那は今までに益して体調が悪く仕事に支障をきたしたり、
何かと大変な事ばかりだったかも・・
早く、今年が終って欲しいな・・

ティファニーちゃんの事、心の準備も出来てない悲しい出来事だったね。
王子君も本当悲しかったと思う・・
私もアーサーが亡くなったと知って旦那と娘に直ぐメールで知らせたんだけど、
娘は最初信じられなかったらしくて、私が悪い冗談を言ってると思ったみたいだったけど、
本当だと分かったら直ぐ帰って来て、その晩はご飯も食べれずにずっと泣きじゃくってたもの。

アーサーくん

最後まで心配をかけまいとしていたんでしょうか。
そんなにも家族思いで優しく、すばらしい存在だったね。
悲しみは大きいけれど、アーサーくんは幸せなワンコだよ。
みんなにかわいがられて、これからも思ってもらえるんだもんね・・・。

No title

たまちゃん こんにちは!!

私も同じ事思いました。
しかも、次の日は勤労感謝の日でお休みだったでしょ?
平日だと私一人で荼毘に出すのも大変だし・・・
だから、私を含め家族の負担にならないように旅立ったんだと思うの。
優しいアーサーらしい旅立ち方です。

あっ!!そうそう、銀ちゃんが小さな頃アーサー良く銀ちゃんと遊んであげてたのよ。
子犬の世話したり遊んであげるのが大好きな優しいアーサーだったからね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikuandnicok.blog47.fc2.com/tb.php/319-5ce526d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ママ友 «  | BLOG TOP |  » リラックマ~♪

やすらぎの癒し系名言


presented by 地球の名言

プロフィール

みく

Author:みく
はじめまして!
MLダックスと海外旅行が大好きな主婦です。
画像は私のHNにもなってるシェーデッドクリームの未来(みく)です。

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (8)
日記 (115)
思ったままに・・ (39)
ワンコとの日々 (16)
ハンドメイド (11)
家族の事 (38)
お出掛け (23)
お勧め商品 (7)
プレゼント お土産 (45)
映画 DVD鑑賞 (11)
手抜きクッキング (7)
好きなもの (1)
お花 寄せ植え  (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

☆ 

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。